ちょっと楽しい家族写真の撮影方法

就職した記念に家族で写真を!写真屋さんならこんな提案も…

大学を卒業した僕は、この春就職で家族から離れて暮らすことになりました。それなら家族4人で写真を撮って、引っ越し先で飾っておけば寂しくないんじゃないか?という親父の提案もあり、あまり乗り気でなかった僕も、しぶしぶ写真屋さんへ行くことにしました。もちろん家族で!

写真屋さんで初めて写真を撮ったのですが、色々と本格的で感心しました。どんな写真を撮るか、写真のサイズは、枚数は、用紙は何にするか、着付けやメイクなどは必要か、予算は…等々。多すぎて良く解らないので、ほとんどお任せで撮って頂きました。こだわる人も、そうでない人も対応できるのが嬉しい配慮ですね。

もう1枚、くだけた感じで撮らないか?という親父の意見もあったので、2枚目は笑えるようなノリで写真撮影を。幸い写真屋さんにはいろんな衣装があって、それを無料で貸し出していたので幾つか選んで撮影させてもらうことに。どうも家族で漫才やコントのようなことをやっちゃうのも、わが家の特徴なようで。僕は時代劇が好きなので、それなら和風でどうか?という意見を元にみんなそれぞれ衣装を選びました。

僕は殿様っぽい服装にチョンマゲのカツラ。バカ殿風の親父に大奥にでもいそうな服装の母。妹に至っては忍者の衣装で顔が殆ど映らない(笑)案の定、カメラマンさんも笑いを堪えるのに必死でした。(その前に、こんな服装置いてるのもびっくりなんですけど…)はい、撮りますよ~って言ったらみんな変なポーズするのでそこでまた撮影が中断(笑)何にせよ、悪ノリがすぎるんじゃないかという位楽しい写真になりましたね(笑)

引っ越し先でも飾っておけ!と持たされたのが、その日撮った2枚の写真。照れくさいから親には言ってないんだけど、実はこの家族写真は大のお気に入りです。さすがに2枚目は飾れないですが、時々引き出しから出しては眺めてます。もちろん、1枚目は部屋に飾ってますよ!フォトスタンドとセットで用意してくれた写真屋さんに感謝です。今度は結婚する時にでも撮れればいいですね。衣装はその時のノリで考えますが(笑)